• 管理職を目指したシステムエンジニアの独立

    システムエンジニアとして企業で仕事をする際には、プロジェクトリーダーの管理下でプロジェクトに関わっていくことになるのが一般的な体制である。その中心となる仕事は、開発するシステムを具体的に考案して仕様書を書き上げることであり、それによってプログラマーによってシステムの実際の開発が行われるようになる。

    プロジェクトリーダーとの仕事の住み分けは現場によって異なり、システムエンジニアは原案となるプロジェクトの目的の策定の場に同席することもあれば、大まかに決められたシステムの具現化だけを担う場合もある。そういった環境において管理下におかれると仕事の幅が狭く、将来性に不安が生じることも稀ではない。そのため、独立することによってより広い仕事を担えるようになることで経験を積んでいきたいと考えるシステムエンジニアも多く、それが動機となってフリーエンジニアとしての仕事を始める人も散見される。

    独立してシステム開発に携わる場合には、顧客へのヒアリングからシステムの設計や開発に至るまでの全てを一人で担わなければならなくなるため、一つのプロジェクトを達成することにより得られる経験は大きい。その点に着目して将来性の高い人材となるために独立するのは賢い選択であり、広い経験を積むことによって自分がプロジェクトリーダーになれる可能性もある。そういった管理職へ向けたキャリアパスを歩むための道となる可能性を秘めているのである。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です